カテゴリー「家庭・生活」の記事

2024年5月 4日 (土)

マイナ保険証の罠

Photo_20240412090001

2023年6月2日、私たちの生活を大きく変えてしまうかもしれない法案が成立しました。 「改正マイナンバー法案」です。

その中の一つは、従来の「健康保険証」を廃止して、マイナンバーカードに一本化する、いわゆる「マイナ保険証」の実質的な義務化です。

マイナンバーカードの登録や紐づけで多数の誤登録などでトラブルが続出したことはまだ記憶に新しいですね。

それが2024年秋には現行の健康保険証は使えなくなり、「マイナ保険証」に一本化されます。それにより、情報流出のリスクや、情報弱者が置き去りにされるリスクなど多数の問題発生が懸念されています。

現行の保険証は私たちになじみ深く、便利で問題なく利用されています。

それが廃止されて様々な問題を抱える「マイナ保険証」に代わることにはその意義がみあたりません。それどころか、「マイナ保険証」には様々な問題があることがこの本に書かれています。

その一つが、「マイナ保険証」を作れない情報弱者が置き去りにされるのではないかという問題です。 さらに、結構頻繁に発生しているネット障害などの時にどうなるのかという心配など、懸念されることは多数あるようです。

そのような心配をよそに、現行の保険証の廃止期限が刻一刻と近づいています。

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

この本をアマゾンでcheckする ➡ マイナ保険証の罠

 

 

 

2024年2月23日 (金)

やってはいけない「食べ合わせ」

Photo_20240117095601

「ほうれん草で鉄分がとれる」「牛乳にはカルシウムが含まれているから体にいい」「果物にはビタミンが多い」

食べ物に含まれる栄養素をもとに「何を食べるか}を決めている人は多いでしょう。

しかし、そこには一つ落とし穴があるのです。

食べ物に含まれる栄養素は「何と食べるか」によって、その栄養効果が変わるのです。

それが食べ合わせです。食べ合わせとは2つ以上の食材を組み合わせることです。

食べ物には様々な栄養成分が含まれており、何と組み合わせるかにより効果は変わります。

食べ合わせにより、それぞれの効能がプラスになる食べ合わせもあり、他方、単品では優れていても一緒に取ることで、かえって悪い作用をもたらすこともあります。

そのため、「体にいいから」と思って食べているものが、そうではなかったということもあります。

本書では、そんな「やってはいけない食べ合わせ」を紹介するとともに、「知って得する食べ合わせ」についても解説されています。

この本に書かれている「食べ合わせの知恵」により、皆さまの健康な毎日のお役に立てば幸いです。

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

下のリンクをクリックするとアマゾンでこの本をチェックできます。

やってはいけない「食べ合わせ」

2024年1月28日 (日)

資産寿命

Photo_20231212161701

「人生100年時代」という言葉をよく耳にしますね。

確かに平均寿命は着実に伸びて100歳まで生きることも夢物語ではなくなってきているかも知れません。

しかしながら、寿命が延びて長生きできることは良いことですが、大事なことは長生きしても元気でやりたいことができる健康とお金があることです。

もし、寿命より先にお金が底をついたら大変です。

この本では長生きしてもお金に困らないように「資産寿命」を延ばす具体的な方法が書いてあります。

是非、読んでください。

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

 

昨年末より、アマゾンの「画像付きリンク」が提供されなくなってしまいましたので、

アマゾンへのリンクは下のテキストリンク(下線の付いた部分)をクリックしてください。

本をアマゾンンでチェックする

2023年10月21日 (土)

温かいテクノロジー

Photo_20230905084201

テクノロジーの発展により、私たちの暮らしは便利になってきました。

一方で、テクノロジーに対する不信感を持つ人たちもいます。「ロボットが人類の仕事を奪う」「AIが人類を支配する」ということから「子供に早くからスマートフォンを持たせるのは良くない」など様々な不信感が広がっています。

この本では人類の生活を便利にする目的ではない「温かいテクノロジー」について書いたものです。

具体的には、この本の著者らが中心になって開発した「LOVOT」というロボットです。「LOVOT」とは「LOVE」と「ROBOT」を合わせた造語だそうです。

このLOBOTは「人類が持つ他者を愛でる力を引き出し、だんだん家族になっていくロボット」がコンセプトだとのこと。かつて、ソニーが開発したロボット犬のアイボのようなものだと思えばよいでしょう。と言うよりLOVOTは犬ではなく、ドラえもんに似ているようです。もちろん、4次元ポケットはないし、人間の言葉も話しません。

著者によれば、このLOVOTは、様々な状況にて子供や大人たちに癒しの効果などが確かめられているとのこと。

是非、この本を読んで「温かいテクノロジー」について考えてみませんか。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

2023年6月10日 (土)

ゴミ屋敷に棲む人々

Photo_20230509172601

悪臭のする不衛生な「ゴミ屋敷」で、他者の介入を拒否し、物に埋もれながら暮らす人が増えているというニュースをよく見聞きします。

この本では、彼らの多くは、実は「セルフ・ネグレクト」の状態にあるとしています。

「セルフ・ネグレクト(自己放任)」とは、自分の生活に極度に無関心となり、著しく生活環境と健康状態が悪化する状態のことで、やがては孤立死に至るものだと書いてあります。

ゴミ屋敷に棲む人は特別変わった人というイメージがありますが、決してそのような人ばかりではないようです。

そして、この問題に対する対応には一筋縄ではいかない難しさがあることがわかります。

毎年2万人に上る孤立死の8割は、このセルフ・ネグレクトが要因とも言われているそうです。この本では、そのセルフ・ネグレクトについて様々な実例を挙げて問題点などが詳しく説明されています。

少子高齢化、家族崩壊、高齢者虐待などを背景に現代社会の見逃すことのできない実態が語られています。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

2023年5月 5日 (金)

Z世代

Z

今、日本では「Z世代(ゼネレーションZ)」と呼ばれる新しい若者世代が注目を集めているそうです。

では、「Z世代」とはどういうものでしょうか?

実は、Z世代=ゼネレーションZと言う言葉は米国を発祥とするようです。そして、それはそのまま日本にも当てはまることから日本でもZ世代と呼ばれるようになったようです。

「Z世代」とは、概ね1990年代中盤以降に生まれた世代を指し、現在、10代前半から25歳くらいまでを指すようです。

彼等は「スマホ第一世代」であり、ほぼ全てのSNS利用が中高年に比べて圧倒的に高いという特徴があると書かれています。

「Z世代」は日本では世代人口が少ないのですが、生活のデジタル化が中高年より進んでいる為、彼らは他の世代への拡散役、あるいはインフルエンサーとして大きな影響を持っていることが示されています。

この本では「Z世代」の特徴を詳しく解説し、マーケッティング等において、この世代が多くの企業の注目の的になり始めていることが書かれています。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

2022年10月29日 (土)

いらない保険

Photo_20221001095401

一口に保険と言っても様々な保険がありますよね。テレビCMやダイレクトメールなどで保険のおすすめ広告などを見聞きすることも多いですね。

この本では、それらの保険について具体例を挙げてとてもわかりやすく説明されています。。

それによると、保険には「必要な保険」と「いらない保険」があることがわかります。それは年齢や家族構成、現在の財産、その他自分の抱えている状況により変わります。

保険会社の販売担当者は様々なキーワードで保険の契約を勧めてくれると思いますが、保険会社の説明を鵜吞みにしてはいけないようです。

まずはこの本を読んで、保険の契約内容の本質を把握して「自分に本当に必要な保険」を選べるようになりましょう。

2022年10月15日 (土)

スピリチュアルにハマる人 ハマらない人

Photo_20220913165801

「スピリチュアル」がブームになってるようです。

この本には、その「スピリチュアル」にはどんなものがあるのか、何故それにハマる人が多くなってきたのかについて書かれています。

普通の人にとって「スピリチュアル」には「守護霊」「前世」「魂」などが語られ、アヤシイものという感じですが、最近では必ずしもそうではないようです。

普通の人(特に女性)が「スピリチュアル」にひかれていく構図がとても分かりやすく書いてあります。

この本を読んで、「スピリチュアル」な世界は思っていたより良心的で「オウム真理教」や「統一教会」などとは異なるものととらえても良いのかなと感じました。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

2021年12月10日 (金)

高齢ドライバー

Photo_20211113203401

昨今、高齢ドライバーによる交通事故のニュースが世間を騒がせています。

アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故、高速道路の逆走など大事故になるケースも少なくありません。

それに対して、高齢ドライバーに認知症検査が義務付けられたり、免許証の返納の推進などが勧められています。

しかし、認知症検査は効果があるのか、免許返納後の不便をどうするのか等、問題は多いようです。

この問題は高齢ドライバーだけではなく、行政と一体となって取り組むべき課題だと思います。

そして、最近のAIの進歩などにより、自動運転など自動車の安全機能の向上が期待されるところです。

この本ではそのような高齢ドライバー問題について詳しく書かれています。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

2021年5月29日 (土)

温泉教授の温泉ゼミナール

Photo_20210423174101

温泉は日本人にとって身近な癒しのスポットです。

この本は、その温泉について温泉教授を自称する著者が日本の温泉について熱く解説したものです。

著者はこの本の中で「全国に次々とたてられた公共温泉施設は、果たして人々を癒すことができるのか?」 と、私たちの温泉に対する”幻想” ”常識”を打ち砕き、温泉に対する正しい見方、選び方がわかるようになります。

実情に合わない温泉法、温泉分析書のカラクリ、循環湯の恐怖など多くの温泉の問題点について警鐘を鳴らすとともに、温泉の見分け方、楽しみ方などの情報が満載です。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村