« 続 窓ぎわのトットちゃん | トップページ | 上州 国盗り物語 »

2024年6月15日 (土)

Z世代化する社会

Z_20240519185601

「Z世代」とは、明確な定義がされているわけではないようですが、一般的に1990年代後半から2012年頃に生まれた世代を指し2024年現在、20代前半から10歳前後の年齢の人が該当するようです。

この本の著者は大学の教員で経営学者だとのこと。ちなみに、著者は自らを「ゆとり世代」だと書いています。

そして、本書の狙いは「Z世代の若者を観察することで、われわれが生きる社会の在り方と変化を展望しよう」というものだとあります。

大学の教員である著者が接する大学生に関する事例が多いのですが、その後の社会人の事例をも取り上げて「Z世代」の特徴がわかりやすく解説されています。

そこには、今どきの大学生たちの考え方や、入社後の若者達が直面している問題が描かれています。

それには、「なるほど」と納得できる内容もありますが、「えっ、そうなの」と意外に感じることもあります。

そして、それは大学生達だけではなく、大人(社会)の問題でもあることがわかりました。

この本は、現役の大学生にも読んでもらいたいのですが、「Z世代」以前の大人の方にも読んでもらいたいですね。

 

アマゾンでこの本のコメントなどを見る ➡ Z世代化する社会

 

にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

« 続 窓ぎわのトットちゃん | トップページ | 上州 国盗り物語 »

家庭・生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続 窓ぎわのトットちゃん | トップページ | 上州 国盗り物語 »