« 2024年5月 | トップページ | 2024年7月 »

2024年6月

2024年6月29日 (土)

光る君へ 前編

Photo_20240526092101

今年(2024年)放送中のNHK大河ドラマ「光る君へ」の解説本です。

この本には物語のあらすじ(第1回から第19回まで)や、登場人物の解説と俳優さんの紹介やインタビュー、登場人物の関係図、その他、様々な関連情報が載せられています。

テレビドラマを毎回見ている方にも参考になりますし、見ていない方にもこの本で物語を楽しむことができると思います。

本の中にはきれいなカラー写真が満載で、役者さんの着ている衣装などをじっくり眺めると、とても楽しいです。

また、出演者の方のこのドラマに対する思いなどに触れることで、ドラマを一層楽しめるのではないでしょうか。

なお、この本に続いて、後編と完結編がいずれ発行されると思いますので、それが出たらまた読んでみようと思っています。

 

アマゾンへのリンク ➡ 光る君へ 前編

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

2024年6月22日 (土)

上州 国盗り物語

Photo_20240622153701

群馬県は古くは上野の国と呼ばれた地域です。

この本は現在の群馬県の伊勢崎市のあたりを所領とした那波(なわ)氏一族の歴史を中心に戦国時代末期の上野の国の歴史が物語として描かれています。

戦国時代末期、関東管領であった上杉憲政の没落により、上野の国は関東 をめざす北条氏、信濃を平定し関東進出を目指す武田氏、そして信濃の長尾景虎(のちの上杉謙信)などの狭間で、時代の大波に吞まれながら必死に城と領地を守ろうとする武士たちの姿が描かれています。

そして、この地域にたくさんの城があり、その城と領地を守る武士と領民がいたことがわかり、とても面白く読み進めることができました。

この本は多くの歴史資料をもとに物語として書いたもので、その内容はかなり歴史に忠実に描かれているものと思われます。

この本で、私の住む群馬県の歴史を一端に接することができ、とても良かったと思いました。

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

 

アマゾンへのリンク ➡ 上州国盗り物語

2024年6月15日 (土)

Z世代化する社会

Z_20240519185601

「Z世代」とは、明確な定義がされているわけではないようですが、一般的に1990年代後半から2012年頃に生まれた世代を指し2024年現在、20代前半から10歳前後の年齢の人が該当するようです。

この本の著者は大学の教員で経営学者だとのこと。ちなみに、著者は自らを「ゆとり世代」だと書いています。

そして、本書の狙いは「Z世代の若者を観察することで、われわれが生きる社会の在り方と変化を展望しよう」というものだとあります。

大学の教員である著者が接する大学生に関する事例が多いのですが、その後の社会人の事例をも取り上げて「Z世代」の特徴がわかりやすく解説されています。

そこには、今どきの大学生たちの考え方や、入社後の若者達が直面している問題が描かれています。

それには、「なるほど」と納得できる内容もありますが、「えっ、そうなの」と意外に感じることもあります。

そして、それは大学生達だけではなく、大人(社会)の問題でもあることがわかりました。

この本は、現役の大学生にも読んでもらいたいのですが、「Z世代」以前の大人の方にも読んでもらいたいですね。

 

アマゾンでこの本のコメントなどを見る ➡ Z世代化する社会

 

にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

2024年6月 8日 (土)

続 窓ぎわのトットちゃん

Photo_20240510155501

最近、黒柳徹子さんが書かれた「窓ぎわのトットちゃん」の続編が発行されました。

「窓ぎわのトットちゃん」では黒柳徹子さんが通っていたトモエ学園が空襲で焼け落ちたところで終わっています。

この続編では、その後、青森に疎開した時のことなどが書かれ、続いて戦後、東京に戻ってからの生活が書かれていきます。

東京の自宅は空襲で焼けてありません。そんな中での生活が書かれていきます。

その後、徹子さんは香蘭女学校に通い、それから、NHK専属の東京放送劇団員に採用される過程が描かれています。

前作同様、黒柳徹子さんの型破りなエピソードが溢れる内容でとても面白かったです。

前作に加え、この本により、黒柳徹子さんが歩んでこられた人生に触れて、とても幸せな気分になりました。

 

アマゾンへのリンク ➡ 続 窓ぎわのトットちゃん

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

2024年6月 1日 (土)

実践 ポジティブ心理学

Photo_20240417104201

ポジティブ心理学は、それまでの臨床心理学が心の病に対処するためのものだったのに対して、普通の健康状態にある人が「どうすればもっと幸せになれるのか?」を追求する分野だということです。

つまり、ポジティブ心理学とは、自分の心の理(ことわり)を学んで、自ら幸せになっていく学問だというのです。

幸せな人は、そうでない人に比べると様々な利点があるとのこと。 その一つに、幸せな人は寿命が長くなるというデータがあるそうです。

近年になって、長生きと幸福感の関連性が深いことがわかってきたそうです。 それによると、「いつもポジティブでいることが健康で長生きするための秘訣」だとしています。

そして、この本のタイトルに「実践」という言葉がついているとおり、単なる学問の解説ではなく、私たち読者が実践することにより「幸せな生活を送ることができるようになる」方法が書かれています。

この本に書かれていることは、全くその通りだと思えることばかりで、読んでいてそれだけでも幸せになれた気分がしました。

皆さんにも是非お勧めしたい一冊です。

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

 

この本をアマゾンでcheckする ➡ 「実践 ポジティブ心理学」

« 2024年5月 | トップページ | 2024年7月 »