« トコトンやさしい元素の本 | トップページ | 鳥取力 »

2024年1月 6日 (土)

窓ぎわのトットちゃん

Photo_20231203162401

黒柳徹子さんが書かれた「窓ぎわのトットちゃん」という題名のこの本、多くの皆さんがご存じだと思います。

読んだことのある方も多いと思います。 私は今までに読んだことが無かったので、今回、読んでみることにしました。

小学校に入学したばかりのトットちゃん、「トットちゃんがいるとクラス中の迷惑になります」ということで退学になりました。

そして、トットちゃんが通うことになった新しい学校はトモエ学園というユニークな小学校でした。

トモエ学園はユニークな考えを持った小林先生が校長をつとめる学校で、授業は電車の車両を改造した教室という変わった学校で、トットちゃんはすぐにこの学校が好きになりました。

そして、トットちゃんのトモエ学園での楽しい学園生活が次々と語られていきます。

トモエ学園での授業風景は今では信じられないようなものですので、まだ読んだことのない方は、是非、読んでください。

トットちゃんのトモエ学園での楽しい生活は太平洋戦争末期の空襲で学校が焼け落ちることにより終わりますが、そのころ、こんな学校があったとは驚きです。

なお、最近、「窓際のトットちゃん」の続編が出版されたようです。まだ読んでいませんが楽しみです。

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

 

下のリンクをクリックするとアマゾンで「窓際のトットちゃん」の本をチェックできます。

窓際のトットちゃん

« トコトンやさしい元素の本 | トップページ | 鳥取力 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トコトンやさしい元素の本 | トップページ | 鳥取力 »