« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月

2024年1月28日 (日)

資産寿命

Photo_20231212161701

「人生100年時代」という言葉をよく耳にしますね。

確かに平均寿命は着実に伸びて100歳まで生きることも夢物語ではなくなってきているかも知れません。

しかしながら、寿命が延びて長生きできることは良いことですが、大事なことは長生きしても元気でやりたいことができる健康とお金があることです。

もし、寿命より先にお金が底をついたら大変です。

この本では長生きしてもお金に困らないように「資産寿命」を延ばす具体的な方法が書いてあります。

是非、読んでください。

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

 

昨年末より、アマゾンの「画像付きリンク」が提供されなくなってしまいましたので、

アマゾンへのリンクは下のテキストリンク(下線の付いた部分)をクリックしてください。

本をアマゾンンでチェックする

2024年1月20日 (土)

アクティベイター

Photo_20231230165701

この本の題名「Activator」とは日本語にすれば「活動的にする人」とか「活性剤」などという意味のようですが、この小説の中では特別な意味を持っているようです。

物語の主人公の「真丈太一」はアネックス総合警備保障の警備員だが、ただ者ではなく、めちゃくちゃ格闘技が強いのだ。

さて物語は、中国から飛来したと思われるステルス爆撃機が日本の領空に侵入したところから始まる。自衛隊のF2戦闘機がスクランブル発進したがステルス爆撃機のパイロットは亡命を希望、そして羽田空港に着陸した。

爆撃機のパイロットは女性で事情聴取の為に護送中に何者かに拉致されてしまった。そこで、主人公の真丈太一が彼女を探し助けることになるのだ。

爆撃機には核兵器が搭載されているという情報があり、もし羽田で爆発すれば甚大な被害が発生する。

果たしてこれはテロか宣戦布告か。物語は予測不能の国際サスペンスとなっていく・・・。

核兵器起爆のカギを握る女性パイロットをめぐり、中国の工作員、ロシアの暗殺者、アメリカの情報将校、韓国の追跡手などが暗躍し、壮絶なバトルが繰り広げられていくのだった・・・・。

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

 

「アクティベイター」をアマゾンでチェックしてみる

2024年1月13日 (土)

鳥取力

Photo_20231129082401

鳥取県は日本で最も小さい県です。 多くの人には鳥取県は中国地方の片田舎と認識されている。

そんな鳥取県は新型コロナ感染拡大の中で、当初は感染者がなく、その後も感染者が一番少ない県となった。

多くの人は、人口が少なく、人の移動も少ない片田舎だから感染者が少ないのだろうと思っているでしょう。

しかし、この本の中で著者は語っている。

それは、新型コロナ感染症対策において、いち早くドライブスルーのPCR検査を導入するなど独自の施策を展開し、クラスター対策条例なども施行した結果であるとのこと。

それ以外にも、新型コロナ感染に対する鳥取県独自の対策をいち早く行ったようである。その中には東京都のような大きな自治体では実行できなかったようなことも多く含まれている。

こまわりの利く鳥取県のような小さな県であるからこそ、大きな自治体ではできないようなこともいち早く実行できるのだ。

鳥取県がコロナ感染を最も食い止めたのは周到に準備を重ね、常に情報を共有し「鳥取力」でコトにあたってきた結果だという。

更に、新型コロナだけでなく、2016年に起きた「鳥取県中部地震」や日本中で進行中の人口減少問題における鳥取県のいち早い対策などについて詳しく語られている。

そして著者は、小さな県である鳥取県の持つ魅力について熱く語っている。

時にはこのような本を読んで見るのも良いではないでしょうか。

 

アマゾンで本をチェックする

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

2024年1月 6日 (土)

窓ぎわのトットちゃん

Photo_20231203162401

黒柳徹子さんが書かれた「窓ぎわのトットちゃん」という題名のこの本、多くの皆さんがご存じだと思います。

読んだことのある方も多いと思います。 私は今までに読んだことが無かったので、今回、読んでみることにしました。

小学校に入学したばかりのトットちゃん、「トットちゃんがいるとクラス中の迷惑になります」ということで退学になりました。

そして、トットちゃんが通うことになった新しい学校はトモエ学園というユニークな小学校でした。

トモエ学園はユニークな考えを持った小林先生が校長をつとめる学校で、授業は電車の車両を改造した教室という変わった学校で、トットちゃんはすぐにこの学校が好きになりました。

そして、トットちゃんのトモエ学園での楽しい学園生活が次々と語られていきます。

トモエ学園での授業風景は今では信じられないようなものですので、まだ読んだことのない方は、是非、読んでください。

トットちゃんのトモエ学園での楽しい生活は太平洋戦争末期の空襲で学校が焼け落ちることにより終わりますが、そのころ、こんな学校があったとは驚きです。

なお、最近、「窓際のトットちゃん」の続編が出版されたようです。まだ読んでいませんが楽しみです。

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

 

下のリンクをクリックするとアマゾンで「窓際のトットちゃん」の本をチェックできます。

窓際のトットちゃん

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »