« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月

2023年12月30日 (土)

トコトンやさしい元素の本

Photo_20231116213701

「元素」というものについては、皆さんも学校で習ったことがあると思いますが覚えていますか?

この本では、「元素とは何か?」から始まり、元素と原子を廻る科学の発展の歴史とそれに貢献した科学者達の功績が語られます。

そして、「元素の地図」である周期表を紐解き、更に量子力学によって解明されたミクロの世界が説明されていきます。

そして、原子が結合し分子や金属を形成していく働きが解き明かされています。

私は理系の人間ですが、細かいところは忘れ去っていた部分もあり、なるほどそうだったのかと納得する部分も多くとても楽しく読みました。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

2023年12月23日 (土)

A

A

この本には中村文則作の13篇の短編が収められています。

それらには登場人物として男と女が多く描かれており、奇妙な夢だったり、異様な世界だったりします。

一部には異様な性的妄想の描写もあります。

また、本の表題になっている「A」は戦争中の決断を迫られる軍人の心を描いたものです。

全体的に異様な世界をが描かれているように思います。物語の意図がわからないようなものもあります。

読後感としては不快な感じが残りますが、インパクトはありました。

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村

2023年12月16日 (土)

カジノ解禁が日本を亡ぼす

Photo_20231105095801

カジノ解禁を推進する動きがあるようです。。雇用促進、経済効果、外国人観光客の誘致など効果が語られていますが果たしてそうでしょうか。

この本では、ラスベガスやマカオ、韓国などのカジノの取材に基づいてカジノは語られるような綺麗ごとでは済まない実態が書かれています。

著者は韓国で唯一自国民の入場が許されたカジノ「江原ランド」を取材、そこでの自殺者の実態、カジノ周辺に蠢く依存症患者の惨状がレポートされています。

そこでは、カジノが地元経済に寄与しないどころか、深刻なギャンブル依存症などによるマイナス効果が大きいことがわかります。

結局、ギャンブルは敗者の犠牲の上に成り立つモノだということのようです。

カジノ解禁に向けて動いている政治家たちは、このような実態を知っているのでしょうか。綺麗ごとを語る業者の言いなりなのか、何らかの利権につられているのか、改めて考え直してほしいと思いました。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

2023年12月 9日 (土)

CYBER COMMANDO

Cyber-commando

防衛省の自衛隊指揮通信システム隊の中に新設されたサイバー防衛隊に属する明神海斗はいわゆるハッカーである。ハッカーとはコンピューターや電子回路についての深い知識を持ち、その技術を善意で利用する者を意味する。他方、その技術を悪用し、犯罪に利用するハッカーもおり、それらをクラッカー呼ぶ場合もあるという。

さて、この小説では、

全国で通信障害が発生し、全国各地の工場で原因不明の稼働率低下が発生した。海斗たちはさっそく調査に乗り出すが、その矢先に新幹線が暴走し衝突し、交通信号、電話などあらゆるライフラインが崩壊し始めたのだった。

何者かによるサイバー攻撃が始まったのだ。

そして、混乱は日本国内のみならず、事態は米国や他の国々にも波及し、それが中国と米国のサイバー戦争を呼び、ついに南沙諸島付近で中国海軍と米軍の空母との武力衝突に発展するに至るのだった・・・・。

果たして、この危機を海斗たちサイバー防衛隊はどう乗り切るのか・・・。

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村

2023年12月 2日 (土)

リブート!

Photo_20231010085101

リブート」とはコンピュータ・システムなどの「再起動」を示すIT用語です。

この物語の舞台は大手都市銀行のコンピュータ・システムを管理運用する部門です。

「ひびき銀行」は旧「明徳銀行」と旧「東邦銀行」が合併してできた銀行です。

明徳銀行と東邦銀行は、それぞれが異なるコンピュータ・システムを運用していたので、合併に伴って両システムを統合しなければなりませんでした。

しかしながら、コンピュータ・システムの統合はそう簡単にはできないので、当面、両システムをそれぞれ運用しながら両システム間をリンカーシステムというコンピュータで連絡をつとめることで運用しています。いずれ一本化されるまでのつなぎの役目です。

ある深夜、明徳システムサービス(MSS)の24時間運用しているリンカーシステムがダウンしました。

さっそく、システムを運用管理しているプロジェクトのメンバーはシステム・ダウンの原因の調査を開始するのでした・・・・。

物語はもしダウンしたら甚大な被害が発生する24時間運用のコンピュータ・システムを運用管理するシステム・エンジニア(SE)達の壮絶な仕事ぶりを描いた小説です。

小説の中で銀行のコンピュータ・システムについてかなり詳しい描写がされていましたが、巻末の著者の経歴を見たら作家になる前は金融機関でSEとして勤務されていたことがわかり納得がいきました。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »