« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月

2023年5月27日 (土)

日本のシン富裕層

Photo_20230428160401

この本の著者によれば、この20数年で日本の富裕層が大きく変わったそうです。その変わった富裕層を、著者は「シン富裕層」と名付けました。

この本では著者が見てきた「シン富裕層」について詳しく解説されています。

「シン富裕層」にはいくつかのタイプがあり、この本では4つに分類されています。それは、ビジネスオーナー型、資本投資型、ネット情報ビジネス型、暗号資産ドリーム型、です。具体的に例をあげれば、情報商材ビジネス、自宅投資家、ユーチューバー、暗号資産長者 など・・・。

それに対して、古いタイプの富裕層は相続型です。

「シン富裕層」には従来の富裕層とは異なる傾向があるとのこと。例えば、実家は特に裕福ではなく、高級品は身に着けづいつもスエット姿だが実は莫大な資産を保有していたり、ごく気軽に海外移住し、自由に人生を謳歌する、など・・・。

この本ではそんな「シン富裕層」の実態が詳しく書かれています。

なぜ、彼らは一代で巨万の冨を築けたのかを具体的に解説しています。また、どうすれば「シン富裕層」になれるか? 等も書かれていますが、そう簡単ではないですよね。

にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

2023年5月20日 (土)

「ななつ星」極秘作戦

Photo_20230419190701

警視庁捜査一課の十津川警部は、突然、弥富副総監から呼び出され、極秘の指令を受けた。

副総監からの極秘指令とは、4月5日に博多駅発の豪華列車「ななつ星」の三泊四日で九州の名所旧跡を廻って博多に戻ってくる列車に乗れというものだった。しかも、彼の妻と一緒にである。

十津川警部は妻の直子と二人で「ななつ星」に乗り込んだものの任務の詳細は知らされず、マークすべき人物が誰かもわからないのだった・・・。

そして、物語はサスペンスというより、第二次世界大戦末期における日中の和平工作に関する歴史認識の議論が語られていきます。

この頃の歴史については良く知らないので、どこまでが事実に基づいたことで、どこからが創作なのかわかりませんが、当時、様々な工作が行われ、歴史に対する認識も立場(国)により異なっていく理由もわかるような気がしました。

最後のあっけない結末は少々物足りなく感じました。西村京太郎さんの小説にこのようなものもあることを知りました。

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村

2023年5月13日 (土)

富士急行の女性客

Photo_20230405165501

富士急行は中央本線の大月から富士吉田を経て河口湖まで、およそ26キロの鉄道である。

この鉄道には富士山の絶景を楽しめる「フジサン特急」が走っている。

この小説では、その「フジサン特急」の描写から始まる。その「フジサン特急」に大月駅から乗車した男女のカップルが終点の河口湖駅で降りたのだが、帰りの列車に乗ってきたのは男の姿はなく女一人だけだった。

その後、その男が行方不明になっていることがわかり、捜索願が出されることになった。

消えた男は「日本ミステリーの会」というサークルの活動で、青木ヶ原樹海を調べに行ったらしいのだが・・・。

そしてサークルの別のメンバーの男が殺害された・・・。

この本で取り上げられている「フジサン特急」はブックカバーの表紙にあるように二階建てで運転席が二階にあり、先頭車両がパノラマのように楽しめる車両になってると書かれている。

しかし、この小説の発行は2013年で、Webで調べたところ、現在(2023年)の「フジサン特急」は二階建てではないようです。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

2023年5月 5日 (金)

Z世代

Z

今、日本では「Z世代(ゼネレーションZ)」と呼ばれる新しい若者世代が注目を集めているそうです。

では、「Z世代」とはどういうものでしょうか?

実は、Z世代=ゼネレーションZと言う言葉は米国を発祥とするようです。そして、それはそのまま日本にも当てはまることから日本でもZ世代と呼ばれるようになったようです。

「Z世代」とは、概ね1990年代中盤以降に生まれた世代を指し、現在、10代前半から25歳くらいまでを指すようです。

彼等は「スマホ第一世代」であり、ほぼ全てのSNS利用が中高年に比べて圧倒的に高いという特徴があると書かれています。

「Z世代」は日本では世代人口が少ないのですが、生活のデジタル化が中高年より進んでいる為、彼らは他の世代への拡散役、あるいはインフルエンサーとして大きな影響を持っていることが示されています。

この本では「Z世代」の特徴を詳しく解説し、マーケッティング等において、この世代が多くの企業の注目の的になり始めていることが書かれています。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »