« 宇宙のランデヴー3 | トップページ | サイバー完全兵器 »

2022年12月24日 (土)

宇宙のランデヴー4

4_20221126170701

「宇宙のランデヴー」の完結編「宇宙のランデヴー4」の上巻です。文庫本ではなくハードカバーの本ですが、上下2巻に分かれているようです。

前巻で処刑が宣告されたニコルですが、本巻はリチャードがニコル救出の作戦を実行するところから始まります。

無事救出されたニコルはリチャードと共に新しい生活が始まります。しばらくはニューヨークと呼ばれるエリアで暮らしていましたが、彼らは次第にこのラーマ内で暮らすクモダコの社会に入り込んでいきます。

クモダコも人類と同じようにラーマの中でコロニーを形成し、未知の高度な知性を持つ異星人により監視されているらしいことがわかります。

謎に満ちたクモダコ社会の様子が明らかになっていきますが、クモダコは人類の味方なのかあるいは敵なのか、判然としません。

さらに、このラーマを作った未知の異星人とはどんな生物なのか下巻への期待が高まります。

Photo_20221202094201

さて、下巻では、ラーマ内の人類の独裁者ナカムラが始めた人類対クモダコの戦争、そして到着した中核点で待ち受ける思いがけないクライマックスへと物語は進んでいきます。

この「宇宙のランデヴー」シリーズの4部作は同じくアーサー・C・クラークの「2001年宇宙の旅」「2010年宇宙の旅」「2061年宇宙の旅」「3001年終局への旅」の4部作に劣らない壮大なスケールの物語だと思います。

皆さんも是非この壮大な宇宙叙事詩を楽しんでください。

 

« 宇宙のランデヴー3 | トップページ | サイバー完全兵器 »

小説(海外文学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宇宙のランデヴー3 | トップページ | サイバー完全兵器 »