« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月29日 (土)

破局

Photo_20211216174201

彼はラグビーを愛する大学生。ラグビーに情熱を注ぎ、筋肉を鍛えチームを強くすることを目指している。

彼には今、二人のガールフレンドがいる。

そんな彼の、ラグビーへの情熱と、二人の女性との恋とセックスの物語である。

題名が「破局」なので結末は想像できる。それでもやはり結末は予想以上だった。

これが平成の大学生の生活とは思わないが、昭和の感覚からすると、やはり新時代の虚無と出会った感がある第163回芥川賞作品でした。

2022年1月21日 (金)

ブラタモリ(2)

2_20211222172001

今回は以前紹介したブラタモリシリーズの第2巻の「ブラタモリ(2)」です。

この本では「富士山」、「東京駅」、「上田&沼田」が取り上げられています。

「富士山」では富士山を祭る神社・富士山本宮浅間大社について、宝永火口や富士山頂に登り、富士山の成立ちや歴史、魅力等が紹介されています。

「東京駅」では東京駅の歴史や内部の構造、地下街など今まで気づかなかった東京駅の秘密が紹介されています。

「上田&沼田」では、放送された頃の大河ドラマ「真田丸」でお馴染みの上田城と沼田城について真田の城造りのすごさ等が紹介されています。

私は以前、これらの番組を放送で見た記憶がありましたが、この本を読んで改めて記憶がよみがえり楽しかったです。

2022年1月15日 (土)

代官山コールドケース

Photo_20211201110001

17年前、代官山・カフェ店員殺人事件の被疑者となったカメラマンが変死し、被疑者死亡で処理された事件があった。

ところが、その事件現場で採取された遺留DNAが、最近、川崎で起きた女性殺人事件現場で採取されたDNAと一致した。

17年前の真犯人は変死したカメラマンではない可能性が浮上したのだ。

17年前の事件の死犯人を逃して2度目の犯行を許してしまったとなると、警視庁の面目は丸つぶれとなる。

そこで、警視庁・特命対策室のエース・三戸部に「事件の真犯人を確保せよ」という密命が下された。

三戸部は捜査のパートナーとして指名された朝香千鶴子巡査部長とともに警視庁の面目をかけた捜査に臨むのだった・・・。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

2022年1月 7日 (金)

ディープインパクト不況

Photo_20211211111501

米国に次いで第二の経済大国となった中国だが、その経済成長にも限界が見えている。

すでに実質的な経済成長はマイナスに転じ、土地と投資のバブルによって支えられているという。

そして、かつての日本のようにバブルはいずれはじけ崩壊するという見方が強い。

しかしながら、現在の中国経済の影響力はとてつもなく大きい為、中国経済のバブル崩壊は世界経済に甚大な被害をもたらす。

この本では、その中国バブル崩壊を、6600万年前に恐竜を絶滅させた巨大隕石が地球に衝突したかのような衝撃をもたらす可能性があるという意味で「ディープインパクト不況」と呼んでいる。

そして、その中国バブルの崩壊は、われわれ日本人の生活にも甚大な影響を与えると考えられている。

この本は2019年末に発行されたものであるが、現在、中国不動産大手の「恒大」が経営が行き詰まり債務不履行の危機にあり、その影響が注目されている。

中国バブルの崩壊はすぐ目の前に迫っているかも知れない。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »