« 霧の子孫たち | トップページ | 出雲 殺意の一畑電車 »

2021年3月 6日 (土)

スター・ウオーズ学

2jpg

映画「スター・ウオーズ」を見たことがありますか? この本は映画「スター・ウオーズ」について書かれた本です。

映画「スター・ウオーズ」は日本では1978年に公開され、その後、新たに2作が追加され物語が完結しました。

それらは「エピソード4/新たなる希望」、「エピソード5/帝国の逆襲」、「エピソード6/ジェダイの復讐」の旧三部作と呼ばれるようになりました。

その後1999年から、新三部作として「エピソード1/ファントム・メナス」、「エピソード2/クローンの攻撃」、「エピソード3/シスの復讐」が順次製作されました。

この本は「スター・ウオーズ」の上記6作が完結し、新しくエピソード7が公開される直前あたりに書かれています。(2015年12月発行)。

現在(2021年)ではエピソード7、8、9は公開されていますので少し古い内容ということになります。

しかし、内容は映画「スター・ウオーズ」とその生みの親ジョージ・ルーカスについて書いたもので、スター・ウオーズのことをあまり知らない初心者から通の方まで楽しめる内容だと思います。

この本ではジョージ・ルーカスの生い立ちから始まり、映画との出会い、CGを駆使したの最新の映像技術を取り入れた映画の誕生までの詳細が書かれています。

私はこの「サニーのひだまり広場」と名付けたこのブログで、今までに「スター・ウオーズ」に関係する本を何冊か紹介しています。

それほど私にとって、そして私の家族にとって「スター・ウオーズ」シリーズの映画には深い思い入れがあります。初めて「スター・ウオーズ」を見た時の感動は今でも覚えています。

皆さんにも是非、「スター・ウオーズ」シリーズの映画の面白さを知ってほしく思っています。

« 霧の子孫たち | トップページ | 出雲 殺意の一畑電車 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 霧の子孫たち | トップページ | 出雲 殺意の一畑電車 »