« 柔らかな頬 | トップページ | むらさきのスカートの女 »

2020年7月10日 (金)

未来の年表

497x800

日本が少子高齢化に社会にあることは「常識」である。

だが残念なことに、その実態を正確にわかっている人は少ないという。

この本では「少子高齢化」の実態を具体的なデータに基づいて解説し、未来の日本がどうなっていくかを予測したものである。

その結果は急速な高齢化と少子化の進行により、このままでは日本という国家の存続すら危うくなるかもしれないのである。

ではどうすれば良いかということもこの本には書いてあるのだが、日本政府とか地方自治体のトップの方とかに頑張っていただかねば一国民の力ではどうにもならないように思う。

それでも特に若い方たちにはこの本を読んで、この本に書かれた暗い未来の予測通りにならないように頑張っていただきたいと思います。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

« 柔らかな頬 | トップページ | むらさきのスカートの女 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柔らかな頬 | トップページ | むらさきのスカートの女 »