« 親鸞 完結篇 | トップページ | オスプレイ殺人事件 »

2019年12月 7日 (土)

ゲノムが語る人類全史

538x800

ヒトゲノム計画により、急速な進化を遂げたDNA解読技術により、数万年前の人類のゲノムも抽出・分析できるようになった。

それにより、ゲノムの痕跡をたどることで、骨さえ見つかっていない太古の人類から現在の私たちへと繋がる、祖先の知られざる物語が解き明かされた。

この本ではDNAからたどる人類の祖先がどのようにして現在の人類に進化・繁栄するに至ったかがわかります。

そして、ゲノム解析の更なる進化が、次々と新しい発見を生みつつあるようです。それは進化の歴史を明らかにするだけでなく医療への応用、品種改良による農業への応用など様々な分野での活用も進んでいくでしょう。

そしてダーウイン以来の遺伝に関する科学の進歩の歴史や、進化に関する誤った認識や誤解についても詳しく述べられていいます。

但し、遺伝子やDNAに関する説明は詳しくなされているのですが、かなり高度な内容なので理系でない方などには難解かも知れません。

 

 

« 親鸞 完結篇 | トップページ | オスプレイ殺人事件 »

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 親鸞 完結篇 | トップページ | オスプレイ殺人事件 »