« YouTubeで食べていく | トップページ | 恐竜ペーパークラフト »

2018年4月 2日 (月)

デセプション・ポイント

Photo米国の国家偵察局(NRO)の局員であるレイチェル・セクストンの仕事は、 大統領へ提出する機密情報の分析である。

現在、大統領選の渦中にあり、レイチェルの父は現職の大統領と争っている対立候補だった。

そんなレイチェルはある日、直接大統領に呼び出される。

ホワイトハウスへ行くものと思っていたレイチェルだったが、彼女を乗せたヘリコプターが着いたのはワシントンの北東に位置するワロップス島にある古い空軍基地だった・・・・。

グリーンランド北部の棚氷の上の米国航空宇宙局(NASA)の観測施設での新発見と、ワシントンDCでの大統領選挙をめぐる陰謀とが並行して物語が進行していく。

普通の人間には体験できないような体験することになるレイチェル。

そして謎が謎を呼び身に迫る危険、一気に読まずにはいられない物語の展開はダン・ブラウンの小説の真骨頂ですね。

 

Photo北極海の氷上での大発見に立ち会ったレイチェルと科学者チームは、偶然この大発見に疑問を投げかける事実を見つける。

その結果、彼等は何者かに命を狙われることとなる。

そして、レイチェル達に絶体絶命の危機が迫るのだった。

一方、ワシントンでは大統領選挙をめぐり、北極海での世紀の大発見を大統領選挙に利用しようとする現職大統領と、それを阻止しようとする対立候補との新たな展開と陰謀が進んでいる。

果たして、謎の大発見の陰謀の首謀者はだれなのか、レイチェル達を狙う暗殺者の魔の手から逃れられるのか、そして真実にたどり着けるのか。

« YouTubeで食べていく | トップページ | 恐竜ペーパークラフト »

小説(海外文学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デセプション・ポイント:

« YouTubeで食べていく | トップページ | 恐竜ペーパークラフト »