« 出雲 神々の殺人 | トップページ | 日蓮 »

2017年4月15日 (土)

フェイスブック

876x1280世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)となったFacebookを立ち上げた中心的人物、マーク・ザッカーバーグのことを書いた本です。

ハーバード大学の20歳の学生たちが集まり、Facebookを立ち上げた。

最初はハーバード大学の学生を対象にしたFacebook(顔写真入りの学生名簿のようなもの)を作った。

それが人気を得て、ほかの大学、一般社会人、そして世界の人々を対象としたネットワークへと拡大していった。

その様子が詳細に書かれている。

この本を読んで、マーク・ザッカーバーグは確かに天才に違いないと思う。

そして、Facebook そのものについても、進化・発展の経過がよくわかり、本質的な面についても、並みの解説書を読むよりよくわかるのではないかと思う。

しかし、この本が書かれたのは2011年頃だと思うので最新の状況は書かれていないだろう

マーク・ザッカーバーグが目指す、Facebook の未来、果たしてそれはどんなものになるのか、それは社会を変革する力を持っているかもしれない。

そんなことを、この本を読んで感じた。

先ほど(2017年3月)、ネットで検索したところFacebook の世界の登録者数は17億人、日本におけるFacebook のアクティブ・ユーザーと呼ばれる人の数は2700万人だと書いてあった。 

日本にはLine というスマートホンのSNSがあり、Facebook は伸び悩んでいるようだ。

« 出雲 神々の殺人 | トップページ | 日蓮 »

ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェイスブック:

« 出雲 神々の殺人 | トップページ | 日蓮 »