« 図解クラウド早わかり | トップページ | ピラミッド ロゼッタの鍵 »

2016年12月 2日 (金)

ピラミッド 封印された数列

Photo物語はフランス革命直後のパリから始まる。

パリに滞在していたアメリカ人のイーサン・ケイジはカードゲームの賭けに勝ち、謎めいたメダルの首飾りを手に入れた。

メダルを手に入たイーサンは、その直後、殺人の嫌疑がかけられてしまった。

追われる身となった、イーサンはエジプト遠征軍司令官のナポレオン・ポナパルドの保護を受けエジプト遠征軍とともに戦乱のエジプトに渡った。

そこで同行した学者や、アレキサンドリアで出会った女召使のアスティーザ、エジプト人捕虜のアシュラフなどと共にメダルに隠された謎に挑むこととなる。

一行は、カイロのギザにある大ピラミッドを目の当たりにし、ピラミッドに埋め込まれた数々の数値に驚き、古代エジプトの叡智に感動する。Img_20161109_0002_2

この本の帯に「ダ・ヴィンチ・コード」+「ハムナプトラ」と書いてあったが、そんな謎解き冒険の物語である。

Photo_2アレキサンドリア沖に停泊していたフランス艦隊はネルソン提督率いるイギリス艦隊の急襲を受け、壊滅してしまう。

メダルの暗号の解読の為に、フランス艦隊のロリアン号の宝物庫に保管されていた暦を調査に来ていたイーサンは、どうにか窮地を逃れた。

カイロに戻ったイーサンだったが、今度はフランス軍ナポレオンからも追われる身となってしまった。

英仏両大国の激しいつばぜり合いの中、「絶対の叡智」を巡る謎解きはクライマックスを迎える。

フィボナッチ数列、黄金比、円周率π、そしてパスカルの三角形・・・。

古代エジプトの知恵の精髄「トトの書」の秘密があきらかになるのか?

« 図解クラウド早わかり | トップページ | ピラミッド ロゼッタの鍵 »

小説(海外文学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピラミッド 封印された数列:

« 図解クラウド早わかり | トップページ | ピラミッド ロゼッタの鍵 »