« ピラミッド 封印された数列 | トップページ | 日本はなぜ世界で一番人気があるのか »

2016年12月 9日 (金)

ピラミッド ロゼッタの鍵

Photoこれは先に紹介した「ピラミッド 封印された数列」の続編になります。 

ナポレオンのエジプト侵攻とシリア侵攻の歴史を背景にエジプトのピラミッドやエルサレムの遺跡などを舞台に「」ダビンチ・コード」のような謎解きと、「ハムナプトラ」のような冒険の物語となっています。 

エジプトを蹂躙したフランス軍は次に中東を目指した。 

対するイギリスはシリアの独裁者、ジャッザールと手を組みフランス軍を迎え撃つことに。 

エジプトのフランス軍から気球を乗っ取り、一人脱出してイギリス軍に助けられたイーサンは聖地エルサレムの地下を遺跡を探検するが、失敗し再びフランス側に捉えられる。 

そして、またもや危機を脱出したイーサンは「トトの書」が格差てているという「亡霊の谷」へと向かうのだった。

果たして、「トトの書」は存在するのか?

ユダヤ、キリスト、イスラム、の三つの宗教が交差する聖地パレスチナを舞台にした壮大な歴史とフリーメイソン、テンプル騎士団、カバラ数秘思想、そして第四の文字が記されたロゼットストーンなど神秘な歴史を背景にした物語である。

果たして「トトの書」に秘められた〈 絶対の叡智 〉の謎が解き明かされるのか?

大雪を過ぎ、寒い日が続きます。 貴方のお部屋を暖かくする遠赤外線パネルヒーターはいかがですか。

« ピラミッド 封印された数列 | トップページ | 日本はなぜ世界で一番人気があるのか »

小説(海外文学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピラミッド ロゼッタの鍵:

« ピラミッド 封印された数列 | トップページ | 日本はなぜ世界で一番人気があるのか »