« 火花 | トップページ | 国家の品格 »

2015年9月11日 (金)

「子供を殺してください」という親たち

Photo_2この本の著者はトキワ警備(現・トキワ精神保健事務所)を創業し、1991年より主に精神障害者移送サービスを行っている方です。 

「子供を殺してくれませんか」

これは、子供の暴力や暴言に悩んだ挙句、著者のところへ相談に来た親たちの言葉だと書いてあります。 

暴力や暴言と言っても、「家庭内暴力」と一言で片付けられるような問題ではないそうです。 

その背景には、重度の統合失調症やうつ病、脅迫症(脅迫障害)やパニック症(パニック障害)といった精神疾病だけでなく、不登校や無就労などの引きこもり、薬物やアルコールなどの物質使用障害(依存症)、ギャンブル・ネット・ゲームへのアディクション(嗜癖)、ストーカー、DV、性犯罪(わいせつ、強姦など)などの問題が存在するとのこと。

いずれも精神科医療とのつながりを必要としながら、適切な対応がとられていないことが多いと書いてあります。

究極の育児・教育の失敗とも言えるこれらの厳しい家庭崩壊の事例をとおして、この問題の深刻さを知るとともに、問題の分析と対策について知ることができます。

 

これは、このような問題を抱える家庭だけでなく、普通の健全な家庭を持っている人にも読んでもらいたい一冊です。

« 火花 | トップページ | 国家の品格 »

ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「子供を殺してください」という親たち:

« 火花 | トップページ | 国家の品格 »