« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月25日 (金)

出雲と大和

Photo出雲といえば荒神谷遺跡や加茂岩倉遺跡から厖大な数の銅剣や銅鐸が出土し、また出雲大社の境内から社殿を支えていた巨大な柱が発掘されるなど想像を超える遺物遺構が発見されている。

この本は出雲は大和朝廷に隷属する存在と考えられていた今までの考えを覆し、古代史の中での出雲を新しい位置づけをしようとしたものである。

奈良盆地の中央部東側にある三輪山は大物主神が祀られている。

大物主神とは出雲大社に祀られる大国主神と同じ神である。

なぜ大和の国の三輪山に出雲の神である大物主神は祀られているのか。

そしてなぜ大国主神の分身としての異名を持つ神々が日本各地に存在するのか。

出雲系統の祭祀である「磐座信仰」について。

などが語られていく。

続いて、邪馬台国について語られていく。 

著者は邪馬台国は大和にあったと推定する。

この本では魏志倭人伝に書かれた北九州にあったと推定される不弥国から邪馬台国への道程を次のように解釈している。

不弥国から水行20日で投馬国へ至るのであるが、不弥国(北九州)から日本海ルートを通ったと推定し投馬国を出雲あたりと推定する。

そして投馬国から更に水行10日で着くところを丹後あたりとする。

丹後で上陸しそこから南へ陸行1か月で到着したのが大和国(奈良県)と推定し、そこが邪馬台国であったとする。

実はこの道こそ出雲と大和をつなぐ道と重なり合うルートであると推定している。

そして当時、邪馬台国を含め中国、北陸、近畿地方は出雲政権と密接な関係があったとしている。

続きを読む "出雲と大和" »

2014年4月19日 (土)

出雲大社

Photoこの本は最近発刊された「週刊日本の神社」 シリーズの創刊号で「出雲大社」を取り上げたものです。

本号は創刊号ということでシリーズガイドとして将来取り上げられるであろう日本各地の神社マップや神社に関する基本知識なども載っています。

そして本文は出雲大社についてたくさんの写真や絵などにより詳しく紹介されています。

出雲大社は昨年60年ぶりの遷宮を終え日本一の高さを誇る本殿など創刊号にふさわしい威厳の備わった神社です。

出雲大社は古より縁結びの神様として崇められ、最近では幸せな結婚を願う若い女性に大人気の神社でもあります。

皆さんも、この本を読んで「出雲大社」について知識を深めてみませんか?

ひょっとして、新しい出会いにつながるかも・・・・・。

続きを読む "出雲大社" »

2014年4月12日 (土)

体を壊す10大食品添加物

10以下はこの本に書かれている内容の一部をダイジェストにして書いたものです。

今や3人に1人ががんで死亡し、2人に1人ががんになっています。

がんの原因は、放射線、ウイルス、化学物質であることがわかっています。

それらが細胞の遺伝子を突然変異させ、その結果として正常細胞ががん化してしまうのです。

その中でも化学物質の影響が大きいと考えられます。なぜなら、今の私たちは化学物質まみれの生活をしているからです。

化学物質のなかでも、特に食品添加物の影響が大きいと考えられます。添加物はほとんどの食品に混じっており、毎日口から確実に入ってくるからです。

これらの添加物の中には動物実験で発がん性が明らかになったり、その疑いが強いものが少なくありません。

そして、この本では健康を維持するうえで、極力摂取を避けるべき「体を壊す10大食品添加物」をあげて注意を喚起しています。

続きを読む "体を壊す10大食品添加物" »

2014年4月 5日 (土)

薔薇の殺人

Photoまた内田康夫作の浅見光彦シリーズの旅情サスペンス小説です。

 

今回は浅見家の親戚の息子が光彦を訪ねてきたことから事件に巻き込まれる。

訪ねてきた青年の名は緒方聡といい、彼が言うには、ひそかに好意を持ち見張っていた女子高校生が誘拐され、その疑いが聡にかけられているというのだ。

そして、彼女は変わり果てた姿で発見され、殺人事件となる。

浅見光彦はやむなく捜査にのりだすのだが、事件は宝塚少女歌劇の17年前の出来事に関係しているのではないかと推理する・・・。

当時、宝塚歌劇始まって以来といえる空前のヒットとなった「ベルサイユのばら」の公演が始まったのだった。

謎を解くべく宝塚へ向かった浅見光彦がたどり着いた真相とは・・・

続きを読む "薔薇の殺人" »

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »