« 播磨灘物語 | トップページ | 神様のカルテ2 »

2014年3月15日 (土)

だまされる脳

あなたは幽霊の存在を信じていますか?Photo_2

私は幽霊は人の心がつくり出した想像の産物であり、実在しない幻のようなものであると信じています。

しかし、世の中には幽霊の存在を信じている人もいますし、実際に幽霊を見たという体験をしたという人もいます。

以前から、どうして人は幽霊を見るという体験をするのか不思議に思っていました。

最近発売された「日経サイエンス」2014年2月号の特集「だまされる脳」の記事の中に私が疑問に思っていたことが書かれていました。

記事のプロローグの部分に次のように書かれていました。

〈世の中には、幽霊や超能力といった、常識では説明できない不思議な現象を実際に見たと思ったり、信じたりする人が結構多い。また、世間には様々な陰謀論があふれており、これを真に受ける人も少なくない。

これらに人々がたやすく「だまされて」しまうのは、彼らの考え方に問題があるからではなく、人間の脳には元々、超常現象などを見るようにできているらしい。限られた情報から素早く結論を出すという、生物としての生存に不可欠な脳の働きによって、時に存在しないものを誤って検出し「見て」しまうことがある・・・・・。〉

この「日経サイエンス (2014年2月号)」は、月刊誌なので、もう本屋さんには置いて無いと思います。

 

この記事を書いたRichard Wiseman氏の著書「超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか」の邦訳が文芸春秋社からでているようです。

« 播磨灘物語 | トップページ | 神様のカルテ2 »

科学」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
幽霊は無物質、見えるわけがありません。
外界からの刺激を五感で捉えるのが普通ですが、
脳の内から五感を刺激する、摩訶不思議な現象を、
外界からの刺激だと誤って認識することがあります。
夢が それに該当すると想われます。
催眠術師が使う手法、摩訶不思議な力によっても起こる。
テレパシイのアンテナ(超越した感受性)による、一瞬の出来事。
あるとも ないとも お釈迦様は無記された、生きることに無関係。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だまされる脳:

« 播磨灘物語 | トップページ | 神様のカルテ2 »