« 八重の桜(四) | トップページ | フライトナース »

2013年12月 7日 (土)

赤い指

Photoこの「赤い指」という小説、読み進んでいったら、テレビドラマで見たことがあることを思い出した。

テレビでは安部寛さん主演の「新参者」というシリーズだったと思う。

公園のトイレで少女の遺体が発見された。

捜査線上に浮かんだのは近くに住む、一見平凡に見える家族。

その家族に隠された真相を刑事・加賀恭一郎が解き明かす・・・・。

この小説はいわゆる「刑事コロンボ」式の構成で、最初に犯人による犯行が書かれ、最初に犯人がわかっている。

犯人を追いつめる刑事の側と、犯行の発覚を恐れる犯人側の双方のせめぎあいのストーリーとなっている。

この小説は犯罪小説というだけでなく、普通の過程にもありがちな夫婦の問題、家庭内老人介護、そして少年犯罪、などの社会問題をも絡んだ小説である。

また、この小説の中では、刑事・加賀恭一郎と父隆正との不思議な関係も一つのテーマとなっている。

すでにテレビドラマをご覧になった方も多いかもしれない。

テレビで見たことがあっても、それを小説で読むとまた新たな発見があって面白い。

 

テレビドラマを見た方にも、そうでない方にもお奨めの一冊です。

« 八重の桜(四) | トップページ | フライトナース »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤い指:

« 八重の桜(四) | トップページ | フライトナース »