« 「医療否定本」に殺されないための48の真実 | トップページ | オレたちバブル入行組 »

2013年10月19日 (土)

Kindle Fire HD

Kindle_fire_hd今回は「Kindle Fire HD オーナーズブック」を紹介します。

この本を読んだということは、Kindle Fire HDを購入したということです。

以前からタブレット端末がほしかったので、いろいろ検討した結果、この機種を買うことにしました。

タブレット端末といえば、まずアップルのiPAD、そしてNexusなどのアンドロイド系などが主流です。

このKindle FireはアンドロイドOSの基本的にアマゾンの電子書籍用の端末です。

しかし、インターネットやメールなど普通のタブレット端末と同じような機能をもっています。

ネットでレビュー記事を読んだところ、Kindle Fira HDは同レベルの製品にくらべ、画面の解像度がよく画面がきれいで、ドルビーステレオサウンドで音がすばらしいとの書き込みがあり、興味を持ちました。

値段を調べたところ、ライバル機種に比べ安いこともわかりましたので、このKindle Fire HDを購入することにしました。

しかしながら、この製品には取扱説明書などがまったく付属しておらず、ACアダプタも別売り(900円)でした。

もちろん、このKindle Fire HDにはUSBケーブルが付属しており、パソコンと接続してデータをやり取りできるほか、そのUSBケーブルにてパソコンから充電することができますので、ACアダプタは必ずしも必要ではありません。

取扱説明書が無いと購入しても使用法がわからないので、このような本を購入したわけです。

もちろん、このような本を購入しなくてもインターネットで取扱説明書をダウンロードすることもできます。

このKindle Fire HDはWiFi接続になっています。WiFi接続とは無線LANによってネットと接続するものです。

ですから、このKindle Fire HDを使用するためには自宅に無線LAN環境が必要となります。

既に自宅にある無線LANにてインターネットに接続すれば、通信料はかかりません。基本的には自宅でのみインターネットと接続します。

もちろん、自宅でダウンロードしたデータは持ち歩いて外出先で読むことができます。

Kindle Fire HDについてもっと多くを書きたいのですが、今回はこのあたりまでと致します。

« 「医療否定本」に殺されないための48の真実 | トップページ | オレたちバブル入行組 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kindle Fire HD:

« 「医療否定本」に殺されないための48の真実 | トップページ | オレたちバブル入行組 »