« のぼうの城(下) | トップページ | 「出雲」からだどる古代日本の謎 »

2013年4月 9日 (火)

忍城のあった行田市

Photo行田市郷土博物館

小説「のぼうの城」を読んで、忍城のあった行田市に行ってきました。

行田市は埼玉県の中央部にあり、JR高崎線では熊谷のひとつ東京側にJR行田駅があります。

右の写真はその時に撮った写真です。

これは天守閣ではなく御三階櫓というそうで、忍城本丸跡に「行田市郷土博物館」の一部として1988年に建てられたものだそうです。

博物館には「のぼうの城」の頃、江戸時代の忍城と城下町のようすを始め行田市の歴史から近代産業などがわかるたくさんの展示があります。

また博物館のまわりでは甲冑武者に扮したボランティアのガイドの方たちが城の説明などをしてくれます。

埼玉古墳公園

「行田市郷土博物館」から南東に3~4Kmのところに「埼玉古墳(さきたまこふん)公園」というところがあります。

とても広い公園です。

下の写真はそこにある日本最大の円墳「丸墓古墳」です。忍城水攻めの時に石田三成が陣を張ったところです。

三成はこの丸墓から北と南に向け堤を築きました。北は利根川、南は荒川まで、総延長28Kmもあったそうです。

丸墓の頂からは忍城はもちろん広々とした関東平野が見渡せます。

Photo_2

「さきたま古墳公園」については下をクリックしてみてください。

http://www.go2park.net/parks/kofun.htm

« のぼうの城(下) | トップページ | 「出雲」からだどる古代日本の謎 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忍城のあった行田市:

« のぼうの城(下) | トップページ | 「出雲」からだどる古代日本の謎 »