« 春日局 | トップページ | 消された一家 »

2013年2月 9日 (土)

ツレがうつになりまして

Photo書 名:ツレがうつになりまして
作 者:細川 貂々
発行所:幻冬舎

ツレ(夫)はスーパーサラリーマンだった。

ツレはハードウエアメーカーのサポート係をしていた。

リストラで30人いた社員が5人に減った。

ツレはその5人の中に入った。

しかし、その後ツレの仕事は激増した。

結果、「過労、失敗ばかり、寝られなくなり、ある朝「死にたい」と真顔で言った。

病院での診断は「うつ病」。

そしてうつ病との戦いの日々が始まる・・・・。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

漫画家、イラストレーターとして活動されている細川貂々(ほそかわ てんてん)氏が夫のうつ闘病生活を書いたベストセラーとなった本である。

ツレの発病から回復までの1年半の夫婦力合わせての闘病の記録である。

この本は大部分がイラスト、漫画であり、文章のページは少ない。とても見やすい本で、うつと言う病気がどんなものか理解できる。

うつ病は神経の伝達物質セロトニンの減少で起こるらしいと書いてあった。「うつ」といっても普通の人にはなじみがない。しかし、ストレスにあふれた現代において誰でもなり得る病気である。

この本は、映画にもなってDVDまであるようです。興味を持った方は下のリンクをクリックしてアマゾンで探してみませんか?

« 春日局 | トップページ | 消された一家 »

家庭・生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツレがうつになりまして:

« 春日局 | トップページ | 消された一家 »