« 日本人のためのフェイスブック入門 | トップページ | 「家政婦のミタ」を見た(最終回) »

2011年12月20日 (火)

警察裏物語

 名:警察裏物語

著 者:北芝 健

発行所:パジリコ株式会社

発行日:2006616

 

 著者の北芝健氏は元警視庁刑事とのことですが、この本の著者略歴によると早稲田大学卒業、元警視庁刑事、刑事警察や公安警察に所属し、殺人、強盗、傷害、暴力犯、強姦、麻薬などあらゆる事件を扱い、ロス市警、FBIなどとも交流する。警視総監賞、刑事部長賞、刑務部長賞、所長賞などを複数回受賞し、現在は犯罪学者として教壇に立つ。日本社会病理学研究所主任研究員。

 「まるごし刑事」、「内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎」などの劇画原作「ニッポン非合法地帯」、「治安崩壊」、「「おとし」の技術」などの著作多数の一方で、コーディネーターとして多数のテレビ番組に出演。警察絶対擁護派として異彩を放つ。空手6段。修道館館長。とある。

 この本は著者の実際の体験を元にした、信じられないような痛快な警察の裏話が満載の本である。サブタイトルにあるようにまさに「小説やTVドラマより面白い警察の真実」、そのとおりである。

Torimingu_2

ここではこの本の目次の一部を紹介する。

第1章 伝説の警察官

 

ケンカの達人

  警察官の重要任務のひとつは、凶悪犯罪者たちを捕まえることにある。となれば、やはり腕に自信のある連中が多く集まってくるので、警察にはプロのキックボクサーとタイマンで殴り合い、あっという間に相手を秒殺してしまったマル暴担当の刑事やサウナで入れ墨者を見かけると見境なくケンカをふっかけ、相手をのしてしまう少々危ない刑事の話など、ケンカ武勇伝に事欠かない。

 しかし、全国警察職員27万人の中でもっともケンカが強いといわれたのはFという男だった。Fは・・・・。

 

職務質問の天才

落としの名人

白バイ名人

モテモテ絶倫警察官

公安警察が認定した真性ホモ警官

 第2章 素顔の警察官

(以下小見出しは省略)

第3章 北芝健の強盗事件捜査セレクション

第4章 警察アンダーワールド

第5章 これが殺人事件の捜査だ!

第6章 警察内部の知られざる抗争

第7章 戦う警察

 以上。

« 日本人のためのフェイスブック入門 | トップページ | 「家政婦のミタ」を見た(最終回) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警察裏物語:

« 日本人のためのフェイスブック入門 | トップページ | 「家政婦のミタ」を見た(最終回) »